逆流による炎症

逆流による炎症

逆流性食道炎の予防や改善には日々の心がけが大事

生活習慣を改める

ドクターとナース

ストレスを溜めない生活習慣

ストレスは胃酸などの分泌を多くしてしまうため、ストレス溜めないでどんどん発散することが、逆流性食道炎を未然に防ぐためにはとても大事です。仕事などでストレスが溜まっている方は、友達と遊んだり自分の趣味を追求するなど、自分なりのストレス発散方法をみつけましょう。ストレスを溜めないための習慣として、自分に今日起こった出来事を家族や友達と共有するのも良いでしょう。体も心もリラックスさせることが、逆流性食道炎にとって最も効果的な治療方法なのです。

食生活を改善する

逆流性食道炎の主な原因として、食生活の乱れも挙げられます。不規則で不摂生な食生活はそのまま食道や胃へのダメージになりますので、暴飲暴食には十分注意しましょう。逆流性食道炎が心配な人はご飯を満腹まで食べるのではなく、腹八分目にした方がいいです。なぜなら、食べ過ぎると空気を胃に多く取り込んでしまいゲップがでやすくなります。そして、ゲップと一緒に胃酸も逆流してしまうことが多くなるのです。また、脂肪分が多い食品を食べすぎると、食道の筋肉による締め付けが弱くなり、食道や胃も荒れてしまうでしょう。様々な視点からバランスの良い食生活を考え、体に良い食事をするよう常に気をつかいたいですね。

定期的に水を飲む

水を定期的に飲むことによって胃酸が薄まるので、逆流性食道炎の症状が多少抑えられます。あまり熱いものや冷たいものは、食道や胃を逆にビックリさせてしまうので注意しましょう。ジュースなどは、胃液の分泌をかえって促進してしまいます。コーヒーなども胃を荒らす原因になりますので、飲みすぎないようにしましょう。また、水の飲み過ぎは胃酸が薄まりすぎてしまうので、適度な量を守って摂取していくことです。

毎日適度な運動をする

肥満により腹圧が高くなると胃酸が逆流しやすくなります。そのため日々適度な運動をして体型を維持することが、逆流性食道炎を未然に防ぐために非常に大切です。また適度な運動をすることで、曲がってしまった背骨なども多少伸びて姿勢が良くなります。姿勢が良くなると腹圧も正常に戻るので、結果的に逆流性食道炎の改善や予防につながります。